FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
事務局だより ~フランスの日常について~
こんにちは。世界の医療団広報マネージャー、熊野です。
5月もいよいよ最終週ですね。
今年はなんだか春が短く一足飛びに初夏を迎えたような5月でした。みなさんもう夏休みの計画はたてましたか?
この時期フランスでは長~いヴァカンスの楽しい計画をみんなでおしゃべりしていることだと思います。今回は人道支援のお話とはまったく関係のないフランスの日常についてお話します。

私がパリで学生として滞在していたときの夏といえば、留学生は帰国し、フランスの学生も出身地に戻ったり、インターンとして外国や地方に出かけたり、それぞれ充実した日々を過ごす時期。代わりにパリには世界各国から多くの観光客が押し寄せます。そんな中、パリから出かけない学生や仕事をする人たちを楽しませるのがパリ市の企画する「Paris plages(パリの海岸)」。

セーヌ川のほとりに砂を敷き詰め、パラソルやビーチバレーコートが置かれて、ヴァカンスに出かけなくても海岸気分を味わえる「Paris plages」。友人たちと学校や仕事の後、ビールやワイン、バゲットとパテなどを抱えて、適当な砂浜に腰かけ、川面を行く遊覧船を眺めてのんびり過ごす夕暮れ時はなかなか楽しかったです。(パリは東京より緯度が高いので、夏は21時頃が夕暮れ時となります。)

またパリでは当時、水曜日は無料で入れる美術館や午前中は映画館のチケットが半額になるシステムもあり、時間をみつけては足を運びました。日本でも、もう少し街を楽しむ工夫があると良いのになあと思います。

さてパリを訪れるとメトロで移動することも多いのではないでしょうか。そのとき、フランス語での駅名を何となく自分の分かりやすい音で覚えて目的地に向かうというのは、みんながしていることの一つだと思います。ある時、長くイギリスに住んでいた日本の友人が遊びに来て一緒にメトロに乗っていたときのこと。

友人「ねーねー、“ヴァビン”ってすごい名前だねー」
私 「ヴァビン??」(そんな名前の駅あったっけ・・・?)
友人「ほら、ピンクのラインのモンパルナスの近くのさ」
私 「あ、もしかして“Vavin”(ヴァバン)のこと・・・」
友人 「あれヴァヴァンって読むんだー。ヴァヴィンって変な音って思ったよー!」

とか、
友人 「あとで、モノプリックスで買い物して行こう」
と自信を持って発音しているのを聞くと、やはりフランス語の表記とその発音には無理があるのでは・・と心ひそかに思ったものです。
パリのスーパーでお買い物をしたことのある方はこれがどこなのか、おわかりではないでしょうか。
最後に、
「ギャルラフの前で待ち合わせようか。」
みなさん、これはどこかもうお分かりですね?

参考URL
Paris plages
http://blog.velib.paris.fr/blog/tag/paris-plages/

2009/05/27(Wed) | 事務局より | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。