FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
エジプト、国家の民主化とともに
こんにちは。ボランティアのmioです。
数週間のデモが終わり、エジプトに平穏が訪れました。エジプトといえば、日本人にとっては、ピラミッドだったりファラオだったり、古代文明発祥の地としてのイメージが強いのではないでしょうか。今回の件では、同一の大統領が30年以上も同じ地位に居続けた国であったことに驚いた方もいらしたのではないでしょうか。私自身、大学卒業旅行に訪れたとき、空港からカイロ市内への高速道路の中央分離帯にかの大統領の写真がいくつも掲げられていたのにびっくりしたものです。

さて、そんな不思議の国エジプトですが、全土で100万人もの子供たちが、路上で生活していると言われています。世界の医療団では、ストリートチルドレンへの健康増進活動を推進しています。ストリートチルドレンは幼くして教育から遠ざかってしまっているため、また、親からも離れてしまっているため、健康や衛生に関する情報にアクセスすることがありません。世界の医療団は、そんな子供たちへ医学的だけでなく社会心理学的なケアを行う5つのローカル団体への協力を通して、子供たちの健康増進を進めています。特に、女の子は路上で出産・育児を行う母になることが多いため、彼女たちへのリプロダクションヘルスに関する教育は重要です。このプログラムは2011年12月までの予定です。

今朝のニュースで、カイロのタハリール広場にいたデモ参加者が広場の掃除をしていました。これまで生活の拠点にしていた、デモの集会場と化していた広場を丁寧に掃除している若い人々に、エジプトの新しい門出と明るい未来を予感させました。
新しい風が吹くと同時に、様々な社会問題への解決も新たな一歩を進むことでしょう。
2011/02/14(Mon) | 事務局より | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。