スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
メリークリスマス!
広報インターン大西です。
今日はクリスマスですね! 街がなんだか華やかな雰囲気で、わくわくしてきますね♪

さて、クリスマスと言えば…クリスマスカード。
文房具売り場でカードを選んでいて、「おっ」と思った方、いるかもしれません。
実は収益の一部が世界の医療団の活動のための寄付となるチャリティクリスマスカードがあるんです!(世界の医療団のホームページにも載っています
グリーティングライフさんのカードで、何種類かあります。ミニサンタさんたちが踊っている可愛いカードや、和風で幻想的な柄のカードなど、すてきなカードばかりです!
世界の医療団の青いハトの丸いロゴマークがついていますよ。
クリスマスカードが書けるのは今日までですが、和風のものは、年始のご挨拶や寒中お見舞いなどにもいいですよね。

さらに、新しい年に役立つものも!
それは2010年用のチャリティカレンダー。
Sandrine(サンドリーヌ)というフランスの人気イラストレーターのカレンダーです。彼女のポップでカラフルな動物たちや子どものイラスト、みなさんもどこかでお目にしたことがあるかもしれません。見ていて思わず微笑んでしまうような、ほのぼのとしたイラストばかりです。実は私も買ってしまいました。サンドリーヌ、好きなんです。

100drine1.jpg

大きくて見やすい壁掛けカレンダーです。中には世界の医療団のこともしっかり書かれています。
来年の一月になるのが楽しみ…♪

100drine2.jpg

きらきらと楽しいクリスマスや年末の時期でも、医療を受けられなくて困ったり苦しんでいる人々がいる…そのことを忘れずに、ささやかだけど自分にできることをしたいなあと思います。

カードやカレンダーは丸善、紀伊國屋、伊東屋などの文具店のほか、ネットでも購入できます。
☆カード
http://www.greetinglife.co.jp/shop/2009xmascard.html
http://www.greetinglife.co.jp/shop/xm-09-2-n.html

☆カレンダー
http://www.greetinglife.co.jp/shop/c-253-as.html

☆サンドリーヌについて
http://www.greetinglife.co.jp/shop/2007as-100drine.html

スポンサーサイト
2009/12/25(Fri) | 事務局より | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
『ロートレック・コネクション』@文化村
こんにちは。

インターンの大野です。
最近は本当に冬になってしまい、寒いですね。

さて、今回は展覧会の紹介です。

ロートレック・コネクション
~愛すべき画家をめぐる物語~

091212.jpeg

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《歓楽の女王》1892年 リトグラフ
京都工芸繊維大学美術工芸資料館(AN2661)

渋谷のBunkamuraで行われている展覧会です。

19世紀の後半をパリのモンマルトルで過ごした画家、ロートレックと彼が交流を深めていたドガやゴッホらの出会いをテーマに行われている展覧会です。ロートレックと聞いてすぐに絵が思いつかない方も多いかとおもいますが、どこかしらで彼のポスターを目にしたことがある人は多いと思います。実は私も高校時代、たまたま目にしたロートレックのポスターで大ファンになってしまい、以来彼のポスターのポストカードを集めていました♪


ロートレックは19世紀末のさまざまなポスター作家として活躍した画家で、1891年のモンマルトルのキャバレー、ムーラン・ルージュのために制作したポスターで一躍有名になり、以後様々なキャバレーやコンサートのポスターを手掛けました。高級娼婦やキャバレーのダンスなど、挑発的な内容を描きつつ、人々の感情や動きを素晴らしい視点でとらえています。



彼の魅力の一つには本来ビジネスの媒体として作られるポスターに芸術性を見出したところにあるのではないでしょうか。ポスターは一瞬で見る人に訴える力がなくてはいけません。じっくり鑑賞するものでも、分析されるべきものではない分、その大胆さやメッセージ性が重視されます。
現在、ムーラン・ルージュはまだモンマルトルにありますが、残念ながら観光地化されてしまい、以前のような活気はありません。それでもロートレックのポスターを観ているとその頃の庶民の夜遊びの雰囲気が感じられ、想像するだけでわくわくします。
そんなことを思いつつ展覧会の後、東京の街を歩いていると様々なポスターや広告が目につくようになりました。何気なくあるポスターは今私たちが住んでいる社会を何よりもうまく的確にかつ端的に反映しているものなのかもしれませんね。

12月に入り、寒くなりましたが屋内での楽しみの一つとしてぜひとも足を運んでみてください。

展覧会概要
会 期:    2009年11月10日(火)-12月23日(水・祝)
        開催期間中無休開館時間10:00-19:00(入館は18:30まで)
        毎週金・土曜日21:00まで(入館は20:30まで)
会 場:    Bunkamuraザ・ミュージアム

2009/12/12(Sat) | その他 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。